忍者ブログ
川越高校吹奏楽部の運営する日記です。部員たちが暇を見つけては更新しています。部活への熱い思いがいっぱいです。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当にお久しぶりです。
長い間、ピーマンにまかせっきりになっていました。

何を書けばいいんでしょうか
まぁ、まずは部活のことを書きます。

ピーマンが書いているかもしれませんが、今日から部活再開です。
久しぶりに楽器を吹いたわけですが、感覚のずれに驚きました。
吹かないと感覚なんてすぐ鈍るんだなぁ、と思いました。

定期演奏会まであと今日を入れて16日となったわけですが、僕自身非常にあせっています。
今回やる曲は難しい曲ばかりで、挫折の連続です。
明日はテスト開け最初の合奏があります。
来てくださるお客様にいい演奏が聴かせられるよう、精進したいと思います。

さて、今日テストが終わったわけですが、一年の時に比べ格段に難しくなった教科が多々あり非常にあせりました。
こなす程度にはできたつもりです。 あくまでつもりですが。
ここに来て改めて、川高の凄さを実感しました。

余計なことを一つほど書かせていただきました。
最初にもあった通り、長い間更新せずにいてすいませんでした。

これからもいろんな面で何卒よろしくお願いします。

でわでわ、また。

拍手[0回]

PR
まず初めに、最近更新ができていなかったことをお詫び申し上げます。

入学してから早いものであっという間に1年が過ぎ、もう二年生になってしまいました。 
↑ 結構焦ります。

僕自身今年は学ばなければならないことが沢山あるなぁ、と今から怯えています。
部内では、新幹部が決まり、新入生歓迎会に向けあたふたしています。 (ぼくもですが  )
来年(僕らの代)は定期演奏会が第50回ということもあり、今年も大きな新しいことに向けての転換の年になりそうです。
より良い活気のある部活になっていくことでしょう。
がんばりましょう ←部員のみなさん

さて、今日の部活はいつもお世話になっている佐川先生の合奏のレッスンの日でした。
夏の吹奏楽コンクールの曲を見ていただきました。
新しい発見のある有意義な時間を過ごすことがができました。

部活の話からそれますが、今年の新入生歓迎会はいろいろな困難にぶつかっています。
一番の原因は、ご存じの通り地震の影響です。
日にちがずれにずれ、確定するまで大変だったようです。
こんな状態の中、会ができるだけでも幸せだと思います。

部活の話に戻ります。
もう少しで僕にも後輩ができるわけですが、今から期待感と不安とプレッシャーで毎日大変です。
僕は中学の時、運動部に所属していましたが今思い返すと後輩に何かをしてあげた記憶がありません。
悪い先輩ですねwww
そのため、もうすぐ入ってくる後輩に何をしてあげたらいいのか今から考えています。とても不安です。
しかし、楽しみでないといえば嘘になることもまた事実です。

昨年3年(今年の卒業生)の引退を見送ってから、いろいろなことがありました。(ありすぎでした)
また、部活で今までにないくらい悔しいと思ったことは一度や二度ではありませんでした。
とてもこい1年でした。
そして、今度は新しい仲間が加わろうとしているわけです。
どんな希望や夢を、目標を持ってやってくるのでしょうか? 
入部したての頃の自分を想像するとあんなことや、こんなことがしたいとやりたいことがたくさんありました。

一緒に頑張っていこうぜ、後輩たち!!

久しぶりに書いた日記で読み返すと内容がぐちゃぐちゃですね。 すいません
書きたいことが多すぎてうまくまとまりませんでした。
それほどに、わくわくしてているんでしょうか?www

さてそろそろこの辺で筆をおきたいと思います。
ご清聴ありがとうございました。 
次は元気な後輩たちのことが書けると思います。お楽しみに!

でわでわ。

拍手[0回]

おはこんばんにちは、元赤い最終兵器 Tu だった人です。
名前が長いとか、意味わからんとか、言われそうなのと、自分でも鬱陶しくなったので変えました。

さて、あっという間にウィンターコンサートが終わってしまいました。
気がついたら、幕が下りてた、みたいな感じです。
足を運んでいただいた方々には、楽しんでいただけたでしょうか?
楽しんでいただけたら、幸いです。

僕自身、コンサート前にブログに書いたように殆ど何もわからないことだらけの所からのスタートだったので、とても不安でした。
そんな中でも、できる限りの事をやり、コンサートを成功させる為にしてきたことが報われ、また、とても意味のある素晴らしい時間を過ごすことができたことに、満足感を感じました。

これを読んでくだっさっている方々に問題です。
コンサートが終わって僕たちKHWOは、これからの部活動を過ごしていくのでしょうか?
想像してみてください





答えは引き続き殆ど休みなく、練習の日々が待ち受けています。
実際の所、コンサートが終わっても、二月からは殆ど休みがありません。(一月はテストとか、いろいろと行事があって休みに部活ができません、まぁ、要するに1週間丸々学校にいる感じです。文化部なのに??)
川高の他の部活の発表を手伝ったり、外の団体と演奏したり、卒業式があったりと、いろいろなことがあります。
おそらく、KHWOの一年間の活動の中で一番忙しい時期じゃぁないかと勝手に思っています。
文化祭の時の方が楽だった気がしてきます。
まぁ、部活を思いっきり楽しめる時期がきたと言うわけです。

話は変わりますが、昨日・今日と大学センター入試が行われていることはニュースでもやっているように周知のことだと思いますが、時を同じくして大学センター入試同日模試(この名前があっているかは自信がありません。)が行われていることをご存知でしょうか?
これは、高校一年生・二年生を対象にセンター入試問題をやってみようというもののようです。(僕は受けていないので詳しいことは分かりませんが。)
この間入学したと思ったら、いつのまにかセンター入試なんていう言葉を聞く時期になっていたことに驚いたと言うだけの話ですが、まぁ、大きく話しがあらぬ方向に脱線しました。

と言うわけで、これからも忙しいと言うことです。

あと三ヶ月とちょっとで二年生になってしまうんだなぁ
あぁ、すいません。  黄昏てました。

改めて、ウィンターコンサートにお足をお運びいただいた方々、いろいろな面でお手伝いをしてくださった方々本当にありがとうございました。
顧問の先生をはじめ部員の皆様お疲れ様でした。 (拍手)

これからもKHWOをよろしくお願いします。 (僕個人としても)

またまた、長い文になってしまいました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございます。


ではでは、また、どこかで!!
 

 

拍手[0回]

新年明けましておめでとうございます

さて、三が日もあと一日となりました
明日が終われば部活が再開されます
冬休み唯一の休みもあと一日と言うことです
部員の皆さんは確りと体を休めてもらいたいと思います

部活が始まるとウィンターまであと五日、練習日数は四日と言う所まできてしまいました
何回も書いていますが、あっという間に来てしまいました

思い返せば、一昨年の今ごろは受験と言う壁を前に必死に?勉強していたことを思い出します
僕たち一年生は、今年中に先輩となり、先輩は引退し、新しいメンバーが加わり、新しいKHWOとなります
信じられません。  とても変な感じがしています

ピーマンjr.も書いていましたが、昨年は吹奏楽初心者の自分としてはとても印象的な一年となりました
高校生と言う新しい生活だけでなく、吹奏楽と言う新しい環境に飛び込んでみていろいろな体験をすることができたした。

今年はさらに忙しく、またいろいろな素晴らしい体験のできる年であると思っています。
どんな後輩が入ってくるのか楽しみでもあり、とても不安でもあります。

繰り返しになりますが、ここらでウィンターコンサートについて触れさせていただきます。
1月8日に行われますウィンターコンサートは今年で十二回目と、多くの方々に支えられながら回数を重ねてきたのだと思います。
今年最初の大舞台でもあります
もともとはチャリティーコンサートのようなものから始まったと聞いています。(詳しくはウラペディアへどうぞ)

実際初心者の僕だから感じることなのかも知れませんが、年二回のコンサートは辛い物です。
ですがわがKHWOはここまで続けて来ることができています
それは多くの人の支えはもとより、川高精神があるからだと今年一年で感じました。

コンサートを素晴らしい物にするのも、平凡な物にするのも(成功させることは当たり前?なはずです)、我々部員たちの努力あってだと思います。

今までつなげてきたKHWOをもっと良い物にしていく為に、残りの日数を大切にして欲しいと思います(もちろん自分もまた然りです)。

読み返すとあまりまとまった文ではなくなってしまいました。 すみません
ですが、コンサートを、KHWOを良くして行く為にと、思ったことを書かさせていただきました。

新年早々長い文でお騒がせいたしました。


今年一年がKHWOをはじめ、支えてくださる多くの方々、そして、KHWOのコンサートに足を運んでくださる方々にとって良き年であることを願って、占めさせいただきます。

良いお年を。

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
TOP